カテゴリ

プロフィール

Lieugaksquare

Author:Lieugaksquare
語学学校やビザの情報をはじめとする、留学情報をお届けしています。

最新記事

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
3783位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
783位
アクセスランキングを見る>>
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

Wimbledon School of English|ウィンブルドン・スクール・オブ・イングリッシュ

ロンドン郊外のWimbledon。テニスのウィンブルドン大会でも有名ですが、そのWimbledonにある英語学校の代表格がWimbledon School of Englishです。

実はここ、私も過去に在籍していたことがあります。

地下鉄・British RailのWimbledon駅から徒歩5分ぐらいにある便利なところで、周りは住宅街といった落ち着いた環境にあります。住宅街で都会の喧騒から外れて、落ち着いて勉強したけど、都会の中心部に気軽に出られる場所をご希望の方には非常にオススメできる学校です。

Quality Englishにも認定されているほど、授業の質には定評があり、どのコースも週24レッスン(標準)と週28レッスン(集中)が軸となっています。通常他の学校で見られるパートタイム(週15時間)のコースはここにはありません。授業をしっかり受けてもらって英語力を伸ばしていくことを目標に据えています。ですので、宿題の量も1日2時間分出されるほどです。

一般英語の集中コースでは、午後のオプションとしてコミュニケーションスキルはもちろんのことビジネス英語・IELTS・TOEFLといった試験対策、さらにGMATのコースも選べます。GMATを取り扱っている学校はロンドンではHampsteadにある学校とここだけです。MBA対策に力を入れたい方にはピッタリな学校です。

アカデミックイヤーで24週間・36週間と長期のコースでは、通常の一般英語の授業と試験対策やビジネス英語だけでなく、金融・法律英語コースや大学院準備・MBA準備コースも受講することができます。こんなにオプションの幅が広いのもなかなかありません。

他のコースでは、ビジネス英語・IELTS・ケンブリッジ試験対策・金融英語・法律英語・大学院進学準備・MBA準備・映画制作英語(イギリスではここだけ!)シニア向けコース・英語教師トレーニング・インターンシップ・乗馬レッスン・テニスレッスンなど幅広いコースが用意されています。

2008年の国籍比率は、日本9%、韓国19%、台湾7%、中国3%、スイス10%、トルコ7%となっています。各国からの比率は20%を超えないように管理されています。

ホームステイは独自で管理しており、その質には定評があります。寮も完備されており、女性専用の寮も選べます。

設備は標準並みに揃っており、ワイヤレス環境・無料のインターネットも完備されています。

ご希望の方には無料で大学進学カウンセリングも行っています。

Wimbledon School of Englishについてのご相談は、手続き・サポート無料の留学スクエア(http://www.lieugaksquare.com)までお問い合わせください。

Wimbledon School of Englishの詳細情報についてはここをご覧ください。

Wimbledon School of Englishのパンフレットご希望の方には、無料でお送りしています。ここからご注文ください。

コメント
▼このエントリーにコメントを残す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。